リンクシェアの審査はここがミソ これで合格

目次

リンクシェアとは

言わずと知れたASPですが、中身はふたつあり、リンクシェアアフィリエイトとTGアフィリエイトです。親会社は楽天です。

ここではこのリンクシェアのいいところは詳しくは述べませんが、かなり優秀なASPです。有名な企業もあり、貼ってみたいのがあったので申請しています。

この審査は割と厳しめかなというのが感想です。なにせ2回落ちています。(笑)このサイトではなく別の雑記ブログサイトです。

結論を言えば著作権侵害の疑いだったのですが、なかなかそこまでは気がつかなかったです。

そこで何がいけなかったのか、どうすればいいのかをちょっとメモりたいと思います。

最初〜落ちる〜問合せ

最初に申請したときのサイト概要はこんな感じでした。

  • 記事数は50弱
  • 平均文字数は1000前後
  • 雑記ブログサイトなのでなんでもあり
  • AdSenseともしもが貼ってある

もしもはやめようかとも考えましたが、【楽天】も含まれているので不利にはならないだろうと考えてそのままにしました。

申請は金曜の夕方だったのでおそらく業務お休みであり、メールが来たのは休み明けの火曜日。見事に否決でした。同時にアカウント停止なんてのもありました。ちょっと心が折れるメールです。

メール内容を確認していくと、修正したらまた審査するから言ってね、的な文面であり、それまでのネット情報からどこがダメなのかまで教えてくれるということなので返信しました。

1回目の回答と修正

返信しての次の日に返事メールが来ました。それによるとあるURLが示してあり、そこのキャラクタが肖像権侵害のおそれがある、ということです。なんだろうと確認してみました。

その記事はポケモンGo関連であり、何枚かのポケモンイラストがありました。もちろんスマホからのスクリーンショットです。これが原因のようです。

そういうことで何枚かあった画像を差し替え、かつ、他の記事にもポケモンがあったのでそれも差し替えています。

こんなキャラクターでも肖像権侵害になるんだと改めて知りました。そういう内容で2回目の申請をしました。

2回目の否決と修正

次の日早速メールが来ました。処理が迅速だなと感心します。しかし内容を確認するもまた否決でした。

リンクシェア側からの違反内容にはならないはずだと決めつけていた自分がちょっと情けなくなり、同時に意地でも合格してやるという気持ちが湧いてきました。

改めて内容を精査することにしました。今回は問い合わせしないことにします。もしこれで否決だったら諦めます。元々キャラクタが売りの記事もあるので、そこまでして合格すことはない、という気持ちもあったからです。

全記事について以下の修正をしました。

  • 映画館のポスターが写っている画像があったのでトリミング
  • 東京のある通りにレトロな映画ポスター群を貼った画像を差し替え
  • フリー素材のキャラクタを差し替え

どこまでNGなのかはわからないですが、最後のフリー素材も怪しいと思い差し替えています。たしかに審査する側にとってみればフリーなのかどうかは判断できないと思います。そういうことでやめました。

さて、これで結果はどうなるか。エイっ、と申請ボタンを押しました。これで否決だったらリンクシェアとはおさらばです。

3度目の正直

次の日メールが来ています。さてどうなるか。

内容を恐る恐る読んでいくと、【合格】らしいです。このリンクシェアからのメール内容はパッと見、わかりにくいですが、よく確認すると合格したことがわかります。

しばらく眺め、1時間後に再確認しました。合格確定です。

リンクシェアに向いているサイトとそうでないサイト

いやあ、苦労しました。週末にいろいろ設定したいと思いますが、私の今回申請した別サイトは雑記ブログであり、ほとんど芸能、有名人などは出ません。反対にそういう内容がメインであるとリンクシェアは難しいと思います。

普通、有名人を検索したとき、本人画像がないと物足りないというかインパクトがありません。同じく、ゲーム関連もキャラクタ紹介などでは画像は欠かせないでしょう。

もし自分のサイトがその系だったら申請してなかったと考えますが、幸い雑記ブログサイトなのでそういう画像も必要なくて助かりました。

もしリンクシェアに興味あればどんなものがあるのか。見て自分のサイトで広告したいのがあればトライしてみるのもいいかと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる