WordPressテーマをSWELLにしたレビュー ブロックエディタがグッド

WordPressテーマですが、3年近く前からTHE THORを使ってきました。他のテーマはほとんど使ったことはないので他の方の評価を眺める程度にしていたのですが、ちょっと前から別テーマを使ってみたいと思うようになりました。

ちょっと不満があるんだな

一番大きな要因はブロックエディタ(Gutenberg)対応でないことです。あとは設定方法が自分にとってやりにくいというところがありました。なお、Gutenbergについては当初は戸惑いましたが、現在は早く楽に入力できますし重宝しています。

さて、新たなテーマですが、もちろん有料テーマです。候補はAFFINGER5とSWELLです。大雑把ながら真剣に比較した内容は以下です。価格や主な仕様は販売元サイトでご確認ください。リンクを置いておきます。その方が間違いないです。

https://swell-theme.com/

https://affinger.com/

SWELL

  • ブロックエディタ完全対応
  • テーマ購入でほぼ完了。プラグインはいくつか追加必要だが無料。
  • カスタマイズ性はAFFINGER5ほどではない
  • 約2年前からと歴史は浅いが、頻繁なアップデートがある
  • 価格は\17,600で買い切り
  • 複数サイトで使用可能

AFFINGER5

  • 非常に多くの設定が可能である
  • ユーザー数は最多
  • 近日中にAFFINGER6が発売される
  • アフィリエイトに最適
  • 追加プラグインが有料であり、結局いくつか購入する必要がある(使用用途によるが)
  • Stingerからの歴史あるテーマ
  • 価格は\14,800で買い切り 但しプラグインは別途有料
  • 複数サイトで使用可能

極端な言い方をすると、AFFINGER5は設定が多くあるけれど、それを使いこなせればアフィリエイトには鬼に金棒であり、SWELLはAFFINGER5と較べカスタマイズ性は劣るものの、ブロックエディタ対応で記事を作りやすいということです。

目次

SWELL に決定

2021.6.16に購入しました。実を言うとその数時間前、AFFINGER5をポチりかけました。いつもはサッと決めてしまうのですが、なんか引っ掛かるものがあり、再度ネットで調べました。その結果SWELLになったという顛末です。最終的に考え納得したのは以下の通りです。

  • AFFINGER5を購入すると次期AFFINGER6も使えるが、古くからの引きずりでブロックエディタ対応には完全ではない可能性があるとのネット情報。
  • AFFINGER5を購入してみたものの、設定が多くて頓挫した者が多い。
  • SEOや表示速度はそれほど違わないらしい。それぞれのテーマを薦めるサイトは偏見がやや見受けられる。
  • 記事作成という面からはSWELLがベスト。
  • やる気ある開発者に期待したい

ということで決めました。

決めたー

インストールと有効化

SWELLのテーマインストールは他のものと同じです。親テーマインストール後に子テーマインストールです。ダウンロードしたZIPファイルそのままでWordPress設定画面からインストールします。

このようにテーマのインストールは終わりました。これまで使ってきたTHORもあります。

初めての設定・操作感

全くの初心者ではないので何をどうしたいかは決めてあります。わからないのは目的の設定がどこにあり、どうすればいいのかだけです。

いちばん新鮮だったのはブロック内に更にタブなんかを設置するという考え方です。これは使えますね。ブログ形式でありながらホームページ風な配置にもできるわけです。

あと、ブロックエディタ対応はいいです。未対応であると、ClassicEditorなどのプラグインを入れたうえでその都度ブロックごとに行き来するというのが面倒でした。それがブロックエディタ内でそのままパーツを置いたり装飾できるのは非常に嬉しい仕様というか機能です。

地味ながら操作感アップが重なると使いやすさ倍増です。画像もエクスプローラーからドラッグアンドドロップでOKです。使っていて楽しいです。

ネット情報を頼りに一通り設定しました。今観ていただいているのがそうです。今日設定したばかりなのでだんだん不満や改良点が出てくると思います。追々修正したいと思います。

今日使い始めたけどかなり慣れました

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる