SWELLテーマはここが凄いよ 実際に使ってみてわかったこと

やはりなんでも使ってみればメリット、デメリットがわかるものです。このSWELLというテーマも。細かいことは抜きにして以下がよかったことです。それまで使っていたテーマはTHE THORですので参考に。今回は大雑把なレポートですみませんが、追々レポート予定です。

  • Classic Editorが全く不要、というかそういう仕様
  • 快適なブロックエディタでの記事構築
  • 豊富な装飾系による思い通りの内容に
  • ブロック内への追加要素が多く、その追加方法も簡単
  • ブログ型、サイト型問わず、構築のしやすさ

以上がここ半月ばかり触った大雑把な感想です。たったそれだけですが内容は濃いです。自分で言うのも何ですが、かなり使い込みました。

実は2週間ほど前に別サイトを新たな別ドメインに移してAdsense申請をしました。そのサイトは記事数が100前後あるものですが、これをSWELLにしたわけで手を加えました。それだけでかなり使いました。そして落ちています。(情けな)

今思うと中途半端な修正であったので落ちてもおかしくないかなと予想していましたがドンピシャでした。結果はどうでもアクセスがほぼゼロなので修正すればいいかなと気楽に臨んでいました。それからしばらく使い込み、再度申請しています。今度はどうだろう。合格願うところです。

その編集で気付いたのですが、THORのときとは考え方がちょっと違っています。どう違うかというと、THORのときは基本的にブロック内を文字や画像で埋める、もしくはリスト程度でしたが、SWELLであると好きな位置に文字や画像を置くことが可能であるため、自由度が大きいです。

僅かのことですが、それが編集中継続しているため、結果として向上心が湧いてきますね。

またこれは別記事で詳細に書こうと思っていますが、ブログ型でなくサイト型にしたため目的にたどり着きやすいです。これはTHORには簡単にできない芸です。(コードをいじらなくても可能という意味)

あとサイト型であるとPageSpeed Insights が速いです。大雑把な比較ですが、ブログ型でのパソコンとモバイルの値が90,30であったとして、それがサイト型だと95,80となっています。内容が軽いだけに軽快です。


ということですが、まだまだ何か新たな発見がありそうです。そのときはまた紹介します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる