SWELLテーマ PageSpeed Insights値を確認 サイト型が有利

サイトの表示速度を測定するツールの一つに『PageSpeed Insights』があります。これまで何度か参考にしてきました。またちょっと前にこのサイトをSWELLに移行した際にも計測しています。

今回また再確認の意味もあってやってみました。対象サイトは3個。このサイトと別2サイトです。すべて最適化はまだまだですが、参考になるかと思います。

結果として大体予想通りでした。最適化してなく、画像も大きめのを入れてあります。

目次

サイトの値 

2回づつ計測しました。何度か試すとばらつくものの、そんなに大きく値は振れませんので2回としました。ではどうなるかです。

このサイト

モバイルです。

デスクトップです。

前回とそんなに変化はありませんでした。

サイトA

モバイルです。

デスクトップです。

サイトB

モバイルです。

デスクトップです。

サイト型の利点

サイト型: メニュー、カテゴリなどから選択できる構成
ブログ型: 記事一覧が並んでいる構成

大雑把に言うとこんなのかな

SWELLはサイト型にするのが簡単なんです。結局、トップページをどれだけ軽量化するのかに重みがかかってきます。速度重視派には。

トップページが簡素すぎるとショボいイメージにもなりますが、訪れた方が見たい内容やカテゴリを探しやすいという意味ではおすすめできる構成です。

で、実験をいくつか行ったのですが、サイト型でトップに表示する大きいイメージ画像、カテゴリ分けのブロック、固定ページのブロックあたりで構成しただけのものだとモバイル100、デスクトップ80くらいとなり、バカ速でした。

これに記事一覧などを追加していくとだんだんと落ちてきます。当然のことと言えばそれまでですが、逆にこういう実験により遅いサイト(このサイトも)がなんでかということがわかります

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる