-あれこれ探訪- へようこそ     ここに来ていただいた方への参考になる記事があれば嬉しいです    Welcome to you.

Compress JPEG & PNG imagesを使った感想 有料版も使ってみた

サイト関連の画像圧縮プラグインの定番というといくつかありますが、トップ2を挙げるとすれば、『EWWW Image Optimizer』かここで取り上げる『Compress JPEG & PNG images』ではないでしょうか。

他にもいくつかありますが、まず私が使ってみたということからこの二つを比較しながら紹介したいと思います。

とりあえずリンク先を載せておきます。それぞれクリックすると飛びますが、反応がよくないサイトもあるのでその場合は別途検索するとかなりヒットすると思います。

Compress JPEG & PNG images
EWWW Image Optimizer

Compress JPEG & PNG imagesの特徴をいくつか

  • 圧縮率が高い
  • 無料では画像500枚/月 それ以上は有料
  • TinyJPG(このプラグイン供給元)で圧縮を行っているので自分のサーバー負荷がない

一方、EWWW Image Optimizerですが、成り行きで使ってみたのですが、要点を一つ。API Keyをメールで受け、設定すれば圧縮率がぐんと上がります。何もしないと元ファイルサイズから80%程度が半分以下になります。

よくEWWW Image Optimizerの圧縮率が悪いというネット情報がありますが、あれはAPI keyを設定していないのでしょう。

プラグインの入れ方

新規追加で検索すると出ますのでインストール&有効化します。その後、Settingsを実行します。

最初だけですが名前とメールアドレスを登録します。名前は適当でいいですが、メールは自分が受信できるものが必要です。なお、ここで間違えると訂正できないようです。(おそらく)

メールが来たらリンク先をクリックするとこんなサイトになります。どこからAPI Keyがあるのだろうかとあれこれ触ると、この右上の『ACCOUNT』をクリックすると出ました。

更にその『Account page』をタップします。

そのAPI Keyを登録します。以下のようになると思います。無料版は500枚が上限です。

なお、この500枚というのは元の画像ファイルのことではなく、変換する枚数のことです。いろんなテーマで変わると思いますが、1枚の画像から4枚とかサイズ違いのものが生成されるようです。

なので50枚処理したと思っていても実は200枚だった、ということもあるようです。

有料版も試した

ところでこのサイトには300枚くらいの画像があります。ということは先程も言ったようにこのプラグインを実行させると無料分の上限、500枚は超えそうです。

どうせ一度にやってしまいたいし、約$11ならいいかということで有料版を試しました。一か月単位なので良しとします。

以下の画像はクレカ登録した後です。ちょっとうっかりしてその前のスクリーンショットを忘れました。

ということで一度に変換します。WordPressのメディアにある『Bulk Optimization』を選択して処理開始します。

開始してびっくり。1795とありました。それで$11.62とあります。

約15分もすると終わりました。

参考までに途中のスクリーンショットも載せておきます。グイグイ圧縮しています。

なお、このInitial sizeは『EWWW Image Optimizer』で圧縮したものですが、おそらくAPI Keyがない状態、つまり80%までの圧縮だろうと思います。そこからこのプラグインが更に追い打ちをかけています。

EWWW Image Optimizerですが、API Keyを入れれば圧縮率でいい勝負をしそうだと思いますが試していません。

有料版は即やめた

別にいやだからという意味ではなく、変換したらあとは無料版範囲でOKだからです。

現在は10月ですが、11月になると無料版でいけそうです。もし500枚を超えそうならまた有料版にするだけです。それか別の手でもよさそうです。

なお、無料版にするには先に出した画像の『Payment Details』のチェックマークをLimit to 500……にチェックして保存することをお忘れなく。

ここだけ11/1追記

11月になったので確認しました。本当に変わっているのかと。

朝4時過ぎでは変化なし。7時でも同じ。しばらくして11時過ぎには無料版になっていました。

もともと1か月あたりの画像枚数は200枚前後であり、設定もOriginal Imageのみにしておけば充分だろうという考えです。有料版で試したときはよく知らなくて全部チェックしていたのであっという間に枚数が増えたのでしょう。

それでも無料版を超えたなら有料版にすればいいだけの話です。

手動でやるのかな

ちょっと気になったのでメモします。

このプラグインのSettingsで以下の内容があります。簡単に言うとこんな内容です。

1番目は画像アップすればバックグラウンドで自動で行います。2番目はアップするときに、3番目は自動でしない、ということだろうと英語に弱い私は思います。

設定は2番目でやってみたものの、サイズが全く圧縮さていいませんでした。結局どうしたかというとBulk….で全部実行しました。実際にはすべての画像で未処理のものだけが素早く圧縮されたようです。例えば1689/1700であれば未処理の11枚が圧縮されたようです。

何かのバグなのか、それともそういう仕様なのかとちょっとネットで検索してみたところ、同じようなことを経験された方を発見しました。

ちょっと気持ち悪いのでデフォルト選択されていた1番目にしてあります。


まだこのプラグインを使い始めて日数が経っていませんが、今後どうなるのか様子を見たいと重います。

しばらくしたら飽き性な私は別の圧縮プラグインに乗り換えているかもしれません。それもこのサイトの名前通り、【あれこれ探訪】の一つです。

追記 11月16日

今月になってそれなりに投稿はしており、画像も追加しているが、ここまでの画像処理数を確認してみました。

やっと60枚くらいです。Freeの500から比べると少ないです。

先月は一気に圧縮したため、2000枚近くまでいきましたが、これからはよほどブログを量産しない限りこれでいけそうです。

また追記 2021.5.28

このFreeの500枚分を複数のサイトでそれぞれ持てないかということです。結論を言えば、同じ管理用メルアドであると共用されてしまいます。もし別ドメイン(@の後)があれば別運用可能です。