-あれこれ探訪- へようこそ     ここに来ていただいた方への参考になる記事があれば嬉しいです    Welcome to you.

conoHa WINGのメール転送設定で勘違いした話

conoHa WINGにしてもう3週間が経ちました。なかなか設定もわかりやすくて使えますね。

とは今現在なら言えますが、意味の分からない設定もあって最初はちょっとだけ苦労しました。

そんな項目のうち、メール転送設定について勘違いがあったのでメモしたいと思います。自分だけかもしれませんが、広い世の中、同じような失敗をしそうな人がいてもおかしくありません。以下参考に。

メール転送とは

そもそもメール転送というのは、あるアドレスに受信したメールを別のアドレスに送り返すというものです。

メーラーはどれか一つのアドレスを受信できるようにしておけば全部のアドレスを受けることができるということです。

いろいろな使い方がありますが、私の場合は同じドメインに対していくつかメールアドレスを設定して使うようにしています。

例えば abc@conoha.ne.jp sub@conoha.ne.jp info@conoha.ne.jp などのようにです。

ブログやweb関連の方には複数のドメインを所持されている方も多いようなのでなおさらでしょう。 

失敗した例

以下はメール転送設定画面です。ここにいろいろ追記していくわけです。

以下は失敗の参考ですが、『main@conoha.ne.jp』へ全て転送したいので条件を2個追加しました。

これでmainに全て入ってくるという予想でした。

ところが『main』は普通に受信できますが、他の2つがどうしても受信できないのです。

判定箇所に『送信先アドレス』を設定してありますがこれは正解です。実は最初、『送信元アドレス』にしてあり、間違いだったようで変更しました。ちょっと分かりにくい表現です。送信元と送信先と転送先。勉強になりました。

話は元に戻りまずが、それでも全く受信できない。メール設定を全て確認しましたが正しいのです。

この状態で2週間が経過しています。あちこち設定を触りまくってみました。うーん、そろそろconoHaのサポートに聞いてみようかとも考えました。

初歩ミス

こういう場合、ユーザー側、つまり私が原因のことがほとんどだと認識しています。しかしconoHa側のミスもあり得る。

初心に帰って説明分を読み返しているとフト閃きました。条件はOR(オア)であることらしい…..。

ということは転送アドレスは別々に設定しなければならないのかと考え設定してみました。

結果、正解でした。うまく転送してくれます。

上の画像にあるようなアドレス1個毎に設定しなければならないようです。これはabcですが、別ネームタグでdefも設定するといった感じです。


ということで初歩ミスでした。このあたりの詳しいことまでは書いてないので苦労しました。(私だけかも)