Google AdSense(アドセンス) 申請に通る目安を考えてみた

これを見ていただけるのはおそらくAdSenseを申請しているけど落ちたとか、結果を待っている方が多いと思います。そんな方への参考にとメモしてみました。

巷では大体の基準があるようで、よく見かけるのが、

  • 30記事以上あればいい
  • 5記事でも内容がよければいい
  • 本文文字数は2000文字は最低あれば
  • 日記ブログ風はダメ

これはGoogle側からの明確な合格ラインがないのでいろいろな内容が出てくるわけです。しかしよく考えてみると仕方ないことでしょうね。

私はこれまでいくつかのサイトを立ち上げ、それぞれAdSenseも合格しています。それで気付いたことをいくつか挙げたいと思います。

目次

記事と本文文字 それぞれの数

なぜ5記事でも合格することがあり、100記事でも落ちることがあるのでしょうか。やはり内容次第なんだなと考えます。

平均的な内容として考えれば30記事2000文字というのは妥当な合格ラインかなと思います。

単純に掛け算すると30×2000で60000です。ということは10記事で6000文字あればこれも同じです。内容がよければそれも合格ありでしょう。

内容が濃いか

日記になっていませんか。誰もあなたの日常は知りたいとは思っていません。

私自身、ブログというのは元々が日記からデビューしたので以前はそういう内容もありました。しかし書いた後で読み返すと『これは誰も興味ない内容だなあ』ということで即削除したりしました。そんなのは何かのメモ帳にサッと『今日はxxへ行ってきた』などと書いておけばいいんです。

いつも投稿するときは『誰かの役にたつ?参考になるのか?』と思っています。たまにメモ的な記事もあってはいいと思いますが、少なくとも100人が見て全員が興味を示さない、タメにならない記事は置いてはいけません。

トップページの内容

この場合のトップページというのはホームのことです。ここにある程度の行先というか何か案内があったほうがいいでしょう。

このサイトの申請がNGだったとき、トップページは案内がほぼない状態でした。訪れた方が次にどこを見たらいいのか、問い合わせはどこから、メニューは。

そなことが内容にある程度は準備したほうが良いでしょう。

サイトの分野

そのサイトはどんな方向というかニーズなのか。趣味、実用いろいろありますが、それを見てくれる分母がどれくらいいそうかも頭に置いてください。

理想は特化したサイトですが、その専門分野が過半数あり、残りも参考になるならばいいと考えます。

このサイトも雑記サイトでいくつかの分野にまたがっていますが、それでもそれぞれが専門性を持って参考になればという思いで投稿しています。

なお、絶対人口が少ない分野でも問題ないと考えます。その代わりアクセス数は少ないです。


まとめるとAdSense申請には以下の条件が揃っていればという目安になります。

  • 記事数 × 本文文字数 が6万
  • 役に立つ内容
  • わかりやすいトップページ
  • 分野はどうか

これ以外にも

  • Googleのポリシー違反がないこと
  • 独自ドメインか
  • プライバシーポリシーはあるか
  • お問い合わせはあるか

というところでしょうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる