Google search console の警告 noindexタグがある

先日メールでタイトルのような内容がGoogleから来ました。ちょっとドキッとしたのですが、これはなんだろうということでちょっと調べてみました。

Google search consoleにログインして確認するとこんな表示でした。このサイトとは別の小さいサイトです。エラーが一件あるのがわかりますね。

目次

noindexって何

これはGoogleの検索エンジンにインデックスされないように記述するmetaタグの値です。

要はこれを置くとその記事が検索対象にならないということです。どういう場合に使うかというと、

  • 記事の編集中とかで検索対象にしたくないとき
  • 記事を削除することはできないが、検索対象としたくないとき

nofollowというのもある

これはクローラーに巡回そのものを禁止するものです。

通常、サイトを運用しているとこれは使わないとは思いますが、どんなケースでつかうのでしょう。自分は特に必要性がありません。(今のところ)

どうする

noindex自体の警告は来ても特に慌てることはないとネットの情報です。

今回、なぜ警告が来たのかを数少ない記事から推測すると、いくつかの下書きがnoindex指定となっていました。

もしそうなら下書きの段階で何かのカテゴリを選択しておかなければなりませんが、本当に原因がこれなのか検証中です。しばらくするとGoogle側からの警告が消えればドンピシャですし、警告が続くようならまた別原因なので考えます。


話は全く関係ありませんが、サイト運用というのは簡単なようで面倒くさいという方の気持ちはわかります。

が、こういう細かなことまで気を配り、見に来てくれる方に合わせて構成するということが好きな運用者でなければ継続できないとつくづく実感します。

後記 2020.11.23

やはり原因は下書きのnoindexでした。修正して申請してから五日間たったころにメールが来ました。

逆に考えると、noindexというのは必要があって使うわけであり、警告が来てもサイト運用者が承知ならばそれでいいのでしょう。

ということで、今回はちょっと勉強になりました。

2021.6.17 追記

いやいや知らないことほど怖いものはありませんね。上の記事を改めて見ていますが、おそらくSitemap.xml用のプラグイン、XML Sitemapsのインデックスしない設定にnoindexが入ってなかったのではと今更ながら思います。

この未熟者めが

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる