-あれこれ探訪- へようこそ     ここに来ていただいた方への参考になる記事があれば嬉しいです    Welcome to you.

SSDで起動が速くなった ストレス激減

爆速とはおおげさですが、前のHDDのときの構成があまりにも遅かったので自己満足”爆速”としましたのでご了承のほどお願いいたします。


もうパソコン自体が古いから遅いのは仕方ないのか。買い換えようかと考えていてHDDからSSDにしたのが以下の記事。結果は置き換え失敗だったけど。

HDDは遅かった

Windows10 64bitにしてからの環境がなにか正常でなかった可能性もあるが、大体の時間目安が以下。

  • 電源ボタンをONしてログイン画面が出るまで →  約2分(120sec)
  • ログインしてWindowsのデスクトップ画面が出るまで → 約20sec
  • 実際に操作できるまで    →  約30秒

ということで約3分(180sec)のイライラタイムです。これを数か月味わってきました。(味わいたくないが)

SSDは驚愕

どれだけ速くなったかというと先の3項目を例に

  • 電源ボタンをONしてログイン画面が出るまで →  15sec
  • ログインしてWindowsのデスクトップ画面が出るまで → 5sec
  • 実際に操作できるまで    →  5秒

ということで30秒後にはそれなりに操作できます。180秒から30秒の短縮です。1/6です。

最近はスマホやタブレットなど、画面が見えてから即操作できるのに慣れていますのでパソコン起動が遅いと使う前からイヤな気分になります。

その他の嬉しいこと

やはり早いコピー

よくSSDは速いけどファイルサイズが大きくなるとバカ遅くなるとも聞きますがこれも試してみました。SSDタイプ(MLC,TLCなど)にもよるのかもしれませんが参考までに。

1個のSSD内の別パーティション間での1個のファイルコピー、サイズは1GBで5秒でした。

HDDの頃はこの3倍はかかっていた記憶があります。

ディレクトリのファイル閲覧

ディレクトリと呼ぶかフォルダと呼ぶか。私はディレクトリのほうが好きです。しかしWindowsではフォルダかなあ。

話は戻りますが、デジカメデータもSSDにコピーして使い始めました。もう20年近い分あります。

この中身を閲覧しようとすると重いんですね。月ごとに分けてあるのですが、1か月のファイル数は多くて500くらい。

2002年~2019年9月 までのディレクトリ

この作業を行うと半分パソコンが固まりかけます。

しかしSSDにして同じ操作をすると軽いです。ファイルがサッと表示されて快適です。

静か

HDDだとなんらかのアクセス音がします。小さい音ですが気になるときもあります。

当たり前かもしれませんがSSDは静かです。

省電力

HDDを使ってしばらくするとかなり熱くなります。測ったわけではないのですが45℃、いや50℃近くはあるでしょう。室温27℃くらいで。

SSDはほとんどわからないくらいです。ちょっと暖かいかな。


まだ使い込んだわけではないのでちょっと使ったレポートでした。

FDDからHDDが主流になったころはその大容量さで感激したものですが、SSDは速度や電力、重さでまた感激ものです。

なにせ1kgと50g程度ですから。購入した箱の中身がないのと勘違いしました。

後記

2020.11.8 追記

使い始めて早2か月あまり。なかなか快適です。特に不具合もなく日々使っています。

その間、私の周囲では何人かがSSDに置き換えしていまして、その都度感想を聴いています。

間違いなくHDDより速いはずですが、あまり変わらないよ、という方はノートパソコンであることが多めです。元々モバイルMPUは消費電力を抑えてあるせいでしょうか。

私も古いノートがありますが、これもSSD化しようかと計画しています。一応、Windows10の64bitにしてあり、ちょっと遅めですが使えています。

Celeronのデュアルコア、内部クロック1.8GHzのものです。もう10年前の製品ですが、まだまだ行けそうです。現在のHDD容量が250GBなので、それなら4kくらいで済みそうです。

もちろんデスクトップに使ったWDの製品にします。