WordPress編集中のエラー【何かうまくいかなかったようです】とはなんだ

最初は気付きませんでした。自分の操作がおかしいのかとも考えていましたが、何度も遭遇するうち、これは原因があるぞと考えて調べました。

編集中にこんな表示があるとびっくりしますよね。

【何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。】と言われても時間は置けないし、すぐに編集したい。もし数分後なら可能だけど、と思います。

目次

サーバーのWAFの検知

他にも原因があるのかもしれません。プラグインの可能性もありますが、私が試して解決したのはWAF設定です。これはWordPressでなく、サーバー側の設定です。

WAFとは

Web Application Firewallの略です。サイトの脆弱性をついた攻撃、不正アクセスなどを防ぐためのものです。

SiteGuard WP Pluginというプラグインでも同じことが起こるらしいですが、私の場合は問題なかったです。

ロリポップやconoHa、さくらでも出ますので編集するときは一度WAFをOFFにし、後でONにします。

おそらくわざわざそういう手間なことをしなくてもいい方法があるのかもしれませんが、とりあえずサーバーのWAF設定をさわっています。

conoHaの例

このサイトはconoHaのサーバーを使っていますので参考に設定画面をのせます。

ログイン後、『サイト管理』⇒『サイトセキュリティ』⇒『WAF』です。

上の例では【利用設定】ですね。

攻撃した参考例

WordPressの編集後にサーバー側のログを確認してみました。やはりサーバー側では攻撃されたと勘違いしているようです。

左にある『除外』ボタンをクリックすると、以下の表示が出ます。まだ詳しくは確認してないのでとりあえず『いいえ』にしておきますが、『はい』にするとこのIPからのアクセスは攻撃でないように設定できるように思えます。後日確認後、やってみたいと思います。


ちょっとしたことですが、知らないときはドキッとします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる