-あれこれ探訪- へようこそ     ここに来ていただいた方への参考になる記事があれば嬉しいです    Welcome to you.

Windows7 32bit から Windows10 64bit へアップデート

先日これまで使っていたWindowsを更新しました。これまではWindows7 32bit版でした。

このOSは基本的に今年の1月でサポート終了しています。

スタンドアロンで使う分にはいいのかもしれませんが、最近はインターネットに接続して使っているのでサポートがされないと脆弱性によりウイルスやハッキングなどが心配です。

そういうことでせいぜいがネット閲覧程度しか使わなくてもそろそろOS入れ替えかなあと思い実施しました。

ライセンスの考え方が変化

思えばこれまでいろんなOSを使ってきました。DOS時代のMS-DOS,PC-DOSから始まり、窓絡みではOS/2、Windows3.1、windows95,XPと結構な数です。

これらはマイクロソフトやIBMから有償で販売されていたものであり、新規購入またはバージョンアップという形式です。

ところがここ10年程を考えるとライセンスということが前面に出てきているようです。

どういうことかと申しますと、今回更新したようにWindowsのバージョンが違ってもライセンスがあれば使えますよ、といった形態です。

実は先週までは最新のWindows10を購入しようかと迷っていました。大体15kから20k前後はします。

ほいと購入できないですよね。業務絡みであれば諦めますが、ネットだけでは高価です。それが無料でアップできるわけです。

アップデートの内容

これまで使っていたのはWindows7Proの32bit版です。これをWindows10Proの64bit版にします。

そんなことが出来るのかと最初は思いましたが、結果としてできました。できたと一行では書けるのですが、かなりの時間がかかりました。

結局1日かかりました。遅くなった原因はLANのHub(ハブ)でした。LANを分配するあれですね。

ハブの種類には大きく分けて2種類あります。リピータハブスイッチングハブです。

リピータハブは繋がった先、パソコンにすべてのデータを送るようなイメージです。なので送られたパソコン側は本来他の方(パソコン)が必要な内容まで来るわけなので負荷がちょっとかかります。

通称バカ(馬鹿)ハブとも言います。これはこれでネット内容の解析には使えたりしますので以前使ったことはあります。

スイッチングハブはIPアドレス毎に分配してくれるのでありがたいです。パソコンの負担もありません。最近というか普通売っているのはこれです。

話は戻りますが、手持ちのバカハブを使ってしまったので通信速度が7Mbps程度でした。これは時間がかかります。自宅は光回線であり、本来は30Mbps以上出るので遅かったです。

Windows更新では10GbyteくらいのデータをD/Lするわけなので通信速度の差がもろに出たわけです。

Windows7 Pro 32bit → Windows10 Pro 32bitへ

行ったサイトはマイクロソフトの ここ でした。

ここからどんな手順で進むのかは他の方のサイトが詳しくて正確です。私はたまたま成功したのですが、誤った内容だと申し訳ないから公開しません。

いきなり32bitから64bitは不可能なのでまずは10の32bitです。

ついでに付け加えると、HomeからProまたはその逆はできません。あくまでも同じバージョンです。

大雑把に言うと、アップデートツールを実行するだけなのですが、注意点は現在のWindowsバージョンから同じバージョンであればそのままでいいです。

もし、違う(今回のように32bitから64bit)仕様にするときはDVDまたはUSBフラッシュメモリなどにファイルを置いてアップデートすることになります。

7から10なので何も考えず更新完了しています。ライセンスも引き継ぎは自動です。

試したわけではないのですが、デジタルライセンスならばクリーンインストールでもいいというサイトも見ました。

今回はもし未登録になると面倒なので最後まで同じドライブにしています。フォーマットはしていません。

Windows10 Pro 32bit → Windows10 Pro 64bitへ

先程はすんなりいったのですが、今度は時間がかかりました。なぜなら一旦USBフラッシュメモリから起動するということと、HDDのタイプでエライ目に遭いました。

通常はHDDから起動する設定ですが、これをUSBフラッシュメモリからにする設定はそう難しいことではありません。

問題は10の64bitをインストールするにはドライブタイプがMBRでなくGPTでないと駄目だということです。

MBRをGPTに変換するコマンドは存在するし、違いは何だとちょっと検索すると山ほど出てきます。興味のある方や必要に迫られた方は検索してください。

で、MBRからGPTに変換したのですが、なぜかインストールできない。そのうち元のWindows7も起動しないというかGPTでは認識しないのか。

このドライブはパーティションを半分に割って、CドライブにOS、Dドライブにデータがわんさか置いてあります。

幸いにもデジカメデータは物理的に違うHDDであり、300Gbyteはありますが、C,Dドライブが飛ぶのは痛い。

諦めきれずに何度か再起動、BIOS画面を眺めているうちなんとインストールできるようになっているではないか。(諦めてから1時間経過していた)

という顛末で無事更新できています。

疲れたけど爽快

インストールしたままだとまだセキュリティの更新がされていないのでWindowsUpdateが必要です。

そもそもなんでこのOSが必要か。ある64bitアプリを使う必要があったためです。それもありますが、サポートがあるOSも使いたいですからね。

以前はXPが良かったと思っていましたが、ここ最近は10です。これで暫くはいけそうです。